住友林業で住みやすい注文住宅を建ててもらう|将来を決める家

住宅

家を買うまでの計画

家の模型

注文住宅を利用するには、まず住宅を建てる土地を探す必要があります。自分の所有する土地に建てるか、新規に土地を購入するかによって変わってきます。茨城県は、平野が多く、地価も全国でも安い方なので、探しやすいと言えます。土地が決定した後は、家の設計に入ります。建築家に自分たちの希望を伝え、それを具体的な形にしていきます。ここまでの段階が、建売と異なって手間がかかるともいえますし、その分自分たちの希望通りの家を建てられるともいえます。予算の面についても、建売では住宅ローンを組みやすいですが、注文住宅では難しいので、専門家に依頼するか、相談すると良いでしょう。また、土地代と建築費以外に、外溝工事や配管工事など、様々な工事費や諸費用が必要なので、それらを含めて計画を立てましょう。

全国的には、注文住宅よりも、住友林業がサポートしているローコストの建売の需要が伸びています。しかし、茨城で調査すると、圧倒的に注文住宅を希望する人が多いようです。その理由として、まず地価が安いので、その分建築費につぎ込めることが挙げられます。また、代々広い家に住んでいたり、農地などを所有している場合は、その土地に建てることができます。茨城では、同じ土地に二世帯、三世帯で暮らす家庭も多いので、二世帯用の注文住宅も人気となっています。その場合に、親世帯に配慮したバリアフリーについても、注文住宅ではきめ細かな仕様が可能となります。茨城などでは、都心よりも一戸建て指向が高く、また、生まれ育った地域でずっと暮らしたいという傾向もあるため、住まいに希望を反映できる注文住宅が人気となっており、住友林業では多くの実績を残しています。

過去と現在の比較

つみきの家

一昔前の注文住宅を建てる人は、お金を持っている人が多くみられました。しかし現代では、技術の進化により安い費用でも建てることができ、誰でも注文住宅を建てられるようになってきています。

もっと読む

多目的な空間

家

住宅を建てるときには四季工房などのハウスメーカーに依頼することが基本ですが、そのときに四季工房ならどんな風に住宅を建てるのか特徴をチェックしておくことで満足できます。

もっと読む

こだわる場所

部屋

注文住宅を建築する際には、外観や間取りといった基本的なものから決めていく必要があります。建築士としっかり話しあいながら決めることで暮らしやすい間取りなどを決めることが出来ます。岐阜にいる信頼できる建築士を探しましょう。

もっと読む