過去と現在の比較|住友林業で住みやすい注文住宅を建ててもらう|将来を決める家

住友林業で住みやすい注文住宅を建ててもらう|将来を決める家

室内

過去と現在の比較

つみきの家

注文住宅とは、従来、成功者と呼ばれるお金持ちが建てる内容のものでした。戦後、集団就職によって都会に多くの人が集まった人達の多くは、集合住宅や、アパートなどを借りて住む事が一般的です。その人達の夢と言うのは、土地付きの一軒家を購入する事が挙げられます。この多くは中古の物件です。高度成長期の好景気により、新築の一軒家を購入できる人達が多く現れてきます。昔は一般家庭からは手の届きにくかった注文住宅ですが、今では手の届かない範囲ではないのです。注文住宅は個人の発想次第で、いくらでもその形を変えることができます。たとえば狭小地のような場所を選択することによって、土地にかかるコストを抑えて住宅を購入することができます。

現在の注文住宅は、従来と大きな違いが現れています。これは、技術による大きな進歩と、従来よりも資材を安く提供できる事が挙げられます。 注文住宅に限らず、商材と言うのは、需要が大きければ、安く仕上げる事も可能になります。現在の現代人は、個性を求める人が多くいます。他の人と同じ内装では満足できない人達です。この需要があるため、安く仕上げる事が可能となっています。夢の夢では無く、現実的に手にする事が可能となる人が増えています。日本の戦後とは、日本の復興のために団結力を必要とする集団意識が強くありました。平和な時代が訪れれば、人は他の人との差別化をする個性を求める物です。今後の注文住宅は、さらに個性化が加速していく事が予測されますが、世界的にみれば、世界が一つになる集団化に進んでいるため、他国の文化を取り入れた個性溢れる注文住宅も増えていく事が予測されます。